妊娠線は早めの予防が大切【ママの肌保護レンジャー】

妊婦

必ず行いたい予防方法

出来てしまう確率とは

美容

妊娠線は、妊娠をし出産をした女性には必ず出来るものなのでしょうか。実は統計では、妊婦の2人にひとりの割合で妊娠線が出来ると言われています。そのため、確率としては低いと感じている方も多いのではないでしょうか。また、まわりの友人や知人でも妊娠線が出来たという話はあまり聞いたことがない方も少なくないと思います。これには理由があります。1人目を妊娠したときには出来にくいと言われているからなのです。少子化が進み、何度も出産を経験する女性も少なくなってきました。そして初めての妊娠をする女性は年齢が若い場合が多い場合があります。初めての妊娠では子宮が伸びにくいため、急激にお腹が大きくなることが少ないのです。そのため、お腹の皮膚が急に引っ張られることで出来る妊娠線が出来にくい傾向があります。

出来やすい人の傾向とは

では、妊娠線が出来やすいのはどういった傾向のある女性なのでしょうか。1つめは高齢出産をされる女性です。年齢が若い女性に比べると皮膚の弾力性が若干衰えています。そのため、お腹が大きくなってくる時に滑らかに肌が伸びにくい場合があります。2つめは2度目以降の妊娠をされる女性です。一度、子宮が伸びているので、急激にお腹が大きくなる場合が多いためです。3つめは背の低い女性です。妊娠時にお腹が大きくなるにつれて、大柄な女性と比べると肌が強く引っ張られる可能性が高いためです。こういった傾向のある方は、妊娠中に妊娠線予防を念入りに行う必要があります。忘れずに妊娠線予防のクリームを使い、毎日のケアを必ず行うようにしましょう。

Copyright©2015 妊娠線は早めの予防が大切【ママの肌保護レンジャー】 All Rights Reserved.