妊娠線は早めの予防が大切【ママの肌保護レンジャー】

妊婦

必ず行いたい予防方法

美容

妊娠線が出来る確率は2人にひとりと言われています。そして妊娠線が出来にくい女性は初めての妊娠を経験する女性です。しかし2回め以降の妊娠をされる方、高齢出産の方、背が低い女性は、お腹の肌が大きく伸びたり、急激に肌が引っ張られますので、妊娠線予防クリームで念入りに予防するようにしましょう。

» 読んでみよう

選び方と原因

妊婦

妊娠線には原因があります。コラーゲン組織の弱体化に要因はあるので、コラーゲンを補給してくれる成分が配合されているクリームを使用し続けると、妊娠線は消えます。その代表的な有効成分はビタミンCです。ビタミンCが配合されているものを選びましょう。

» 読んでみよう

選ぶポイントとこだわり

美容

妊娠線を効果的に消すクリーム選びで大切なことは、保湿力と有効成分です。特に、後者はビタミンCが配合されているかどうかが鍵になります。コラーゲンを生成しますので、肌を丈夫なものにして妊娠線が解消されます。

» 読んでみよう

妊娠をより楽しいものに

健康上問題なしの女性はまつげを増やす取り組みを行なうことができます。ボリューム感をあげたいと考えているならこちら!

治療薬についての詳細が記載されています。リプロスキンを使えばニキビ跡に効果的なので使ってみるといいでしょう。

体の変化

美容

妊娠して嬉しい反面、思ってもいなかった体の変化に戸惑う女性も多いのではないでしょうか。好きな食べ物が食べられなくなったり、急に悲しくなったり、ほくろが増えるなんていう人も。その中でも気になるのが体系の変化、妊娠線です。赤ちゃんの成長によっておなかの皮膚が急に引っ張られることで表皮の下にある真皮が断裂して赤い長細い線がいくつも出来ます。これが妊娠線です。さらに妊娠線は赤ちゃんのいるお腹だけに出来るのではありません。急に大きくなる胸、おしり、ふとももなど予防をしっかりしなければ妊娠線はいたる所に出来てしまい、後悔することになってしまいます。そして妊娠線は一度出来るとあとから消すことはとても難しいといわれています。後悔しないためにも予防はしっかりしていきましょう。

対策は無いのか

妊娠線の予防には3つあります。急激に体重をふやさない、クリームやオイルでしっかり保湿をする、マッサージをするといった方法です。急激に体重を増やすと妊娠中で無くても妊娠線が出来ることがあります。双子を妊娠しているお母さんには厳しいですが、体重は少しずつ増やすように努力しましょう。健康の為にも食べすぎには気をつけたいですね。二つ目はクリームやオイルでしっかりと保湿をする。です。妊娠線が出来やすい人の特徴に乾燥肌の人がいます。クリームやオイルで保湿をすることで柔らかく、弾力ある肌を作ること出来、断裂しにくい皮を作ることになります。お風呂上りや冬場は特に乾燥しやすいので予防が必要です。三つ目は二つ目のクリームを塗った後にぜひやってもらいたいことです。たっぷりクリームやオイルを塗って円を書くようにお腹をマッサージします。

赤ちゃんを産んだママが気になる妊娠線を予防しませんか?残さず綺麗にしますよ。気になるケア方法はこちらからどうぞ!

Copyright©2015 妊娠線は早めの予防が大切【ママの肌保護レンジャー】 All Rights Reserved.